2015年04月23日

萩原流行さん、警視庁の護送車に接触…その後、乗用車にひかれる

 東京都杉並区の青梅街道で俳優萩原流行(本名萩原光男)さん(62)が死亡した事故で、萩原さんのバイクが転倒後、警視庁の護送車に接触していたことが23日、分かった。護送車は直前に車線変更しており、萩原さんがよけようとして事故になった可能性もある。

 警視庁は、自動車運転処罰法違反の疑いで護送車の運転手らから事情を聴いている。

 警視庁によると、事故は22日午後6時ごろ発生。現場は片側3車線で、一番左側の車線を走っていた護送車が路上駐車の車をよけるため車線を変えたところ、中央車線を走っていた萩原さんのバイクが転倒し、護送車の前輪付近に接触した。

 その後、萩原さんは追い越し車線に投げ出され、会社役員の男性(59)の乗用車にひかれた。男性は「バイクが転ぶ音がして、タイヤで何かをひいた感触があった」と話している。

 事故後、護送車の運転手が現場から119番した。護送車は容疑者の治療のため、高井戸署から病院に向かっていた。

 警視庁は22日に事故の状況を説明した際、車線変更した車が護送車だったことを明らかにしていなかった。同庁は「事実確認中だったため」としている。

萩原流行さん、警視庁の護送車に接触…その後、乗用車にひかれる




by ネットショッピング大好き | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

2015年04月08日

カズの偉業がイタリアでも話題に「元ジェノアのミウラが奇跡を起こした」

 2015明治安田生命J2リーグが5日に行われ、横浜FCはジュビロ磐田と対戦。同試合で元日本代表FW三浦知良が得点を挙げ、自身が持つJリーグ最年長得点記録を48歳1カ月10日に更新した。かつてセリエAのジェノアでもプレーした三浦の活躍を、6日付のイタリア紙『ラ・レプッブリカ』などイタリアの各メディアが報じている。

 14分、小池純輝が上げたクロスを頭で合わせてのゴール。2013年11月3日の松本山雅FC戦以来、2シーズンぶりに三浦が得点したというニュースは、日本中だけでなく世界を駆け巡った。

 イタリア最大の部数を発行する『ラ・レプッブリカ』のウェブ版は、動画で三浦のゴールを紹介。「ミウラが日本で奇跡を起こした」とタイトルを付け「元ジェノアのカズ・ミウラは48歳にもかかわらず日本の2部リーグであるJ2リーグの横浜FCでプレーしている」と、アジア人として初めてセリエAでプレーした三浦を紹介。

 得点後に披露したカズ・ダンスについては「ミウラは得点した後、サンバのステップを披露した」と伝えた。また、イタリア・メディア『Calcio News 24』は三浦の偉業を称え「ミウラ、おめでとう!」とニュース記事にもかかわらず、祝福の言葉を贈った。

カズの偉業がイタリアでも話題に「元ジェノアのミウラが奇跡を起こした」




by ネットショッピング大好き | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。