2015年04月08日

カズの偉業がイタリアでも話題に「元ジェノアのミウラが奇跡を起こした」

 2015明治安田生命J2リーグが5日に行われ、横浜FCはジュビロ磐田と対戦。同試合で元日本代表FW三浦知良が得点を挙げ、自身が持つJリーグ最年長得点記録を48歳1カ月10日に更新した。かつてセリエAのジェノアでもプレーした三浦の活躍を、6日付のイタリア紙『ラ・レプッブリカ』などイタリアの各メディアが報じている。

 14分、小池純輝が上げたクロスを頭で合わせてのゴール。2013年11月3日の松本山雅FC戦以来、2シーズンぶりに三浦が得点したというニュースは、日本中だけでなく世界を駆け巡った。

 イタリア最大の部数を発行する『ラ・レプッブリカ』のウェブ版は、動画で三浦のゴールを紹介。「ミウラが日本で奇跡を起こした」とタイトルを付け「元ジェノアのカズ・ミウラは48歳にもかかわらず日本の2部リーグであるJ2リーグの横浜FCでプレーしている」と、アジア人として初めてセリエAでプレーした三浦を紹介。

 得点後に披露したカズ・ダンスについては「ミウラは得点した後、サンバのステップを披露した」と伝えた。また、イタリア・メディア『Calcio News 24』は三浦の偉業を称え「ミウラ、おめでとう!」とニュース記事にもかかわらず、祝福の言葉を贈った。

カズの偉業がイタリアでも話題に「元ジェノアのミウラが奇跡を起こした」




by ネットショッピング大好き | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。